相続後の不動産売却


では、大まかな相続後の不動産売却の流れです。被相続人同士で遺産分割協議をした結果、不動産売却が決まったら、まず相続した不動産の名義変更である相続登記の手続きが必要です。この手続きをしておかないと、不動産売却を進めることはできません。相続者が複数人(配偶者、兄弟など)の場合は、全員での共有財産となります。そして、「換価分割」という不動産売却後の売却代金を相続人同士で分け合うのです。

不動産売却によって、譲渡税という税金も発生しますが、相続税の支払いによって軽減されます。ただし、不動産は売りに出せば売れるというほど単純ではありません。現在、日本は人口減少の傾向にあります。そこで、土地や不動産の供給過多が問題となっています。特に、地方や都市部でも郊外の土地は空き地が目立ち始めています。

さらに、2015年からの粗続税増税の影響で売り急ぎも出てくるのではと言われています。不動産会社ではその対策として、相続税の立替など相続した不動産の売却支援の新サービスも始まっています。ただ、この場合も不動産会社が売れると見込んだ不動産のみに限られていたり、条件が厳しかったりなどのケースがほとんどです。

このように、相続による不動産売却は様々な問題を抱えています。もし、不動産の相続を受ける可能性があるならば資産価値はどのくらいなのか、売れない場合はどうするのかなどしっかりとした対策を相続以前に決めておくと良いのではないでしょうか。