不動産売却の理由


不動産について新しい土地や家への転居、家族構成の変化など、大切な資産である不動産を売るきっかけは様々です。そのような理由の中で、思いがけず売らなければならないのが相続です。相続が不動産売却のきっかけになる理由として多いのが、相続税の支払いと兄弟間での均等相続の発生です。

特に、ここで問題になるのは相続分が不動産のみで相続者に資産や預貯金がない場合です。兄弟間での相続でも、例えば相続分の家に誰かが元々住んでいても相続分が不動産のみで、同様に資産も預貯金も無く他の兄弟から均等相続の権利を主張された場合などです。要は、不動産を売らないとお金を捻出できない時に、不動産売却のきっかけとなるのです。相続は貰えば終わりではなく、様々なお金や問題が発生するのが常です。

まず、すぐに思いつくのが相続税です。それに不動産の相続の場合は、固定資産税がのちに負担となります。兄弟間での相続では、同居していた子供のために遺言書を残しておこうという方もいるでしょうが実は遺留分が存在するので、全ての資産を兄弟の中の一人が全て受け取ることはできないのです。

さらに、最近のニュースでも話題となりましたが非嫡出子の兄弟にも均等に受け取る権利があるため思いがけず不動産売却の必要に迫られることもあるのです。