相続後の不動産売却

では、大まかな相続後の不動産売却の流れです。被相続人同士で遺産分割協議をした結果、不動産売却が決まったら、まず相続した不動産の名義変更である相続登記の手続きが必要です。この手続きをしておかないと、不動産売却を進めることはできません。相続者が複数人(配偶者、兄弟など)の場合は、全員での共有財産となります。そして、「換価分割」という不動産売却後の売却代金を相続人同士で分け合うのです。

不動産売却によって、譲渡税という税金も発生しますが、相続税の支払いによって軽減されます。ただし、不動産は売りに出せば売れるというほど単純ではありません。現在、日本は人口減少の傾向にあります。そこで、土地や不動産の供給過多が問題となっています。特に、地方や都市部でも郊外の土地は空き地が目立ち始めています。

さらに、2015年からの粗続税増税の影響で売り急ぎも出てくるのではと言われています。不動産会社ではその対策として、相続税の立替など相続した不動産の売却支援の新サービスも始まっています。ただ、この場合も不動産会社が売れると見込んだ不動産のみに限られていたり、条件が厳しかったりなどのケースがほとんどです。

このように、相続による不動産売却は様々な問題を抱えています。もし、不動産の相続を受ける可能性があるならば資産価値はどのくらいなのか、売れない場合はどうするのかなどしっかりとした対策を相続以前に決めておくと良いのではないでしょうか。

不動産売却の理由

新しい土地や家への転居、家族構成の変化など、大切な資産である不動産を売るきっかけは様々です。そのような理由の中で、思いがけず売らなければならないのが相続です。相続が不動産売却のきっかけになる理由として多いのが、相続税の支払いと兄弟間での均等相続の発生です。

特に、ここで問題になるのは相続分が不動産のみで相続者に資産や預貯金がない場合です。兄弟間での相続でも、例えば相続分の家に誰かが元々住んでいても相続分が不動産のみで、同様に資産も預貯金も無く他の兄弟から均等相続の権利を主張された場合などです。要は、不動産を売らないとお金を捻出できない時に、不動産売却のきっかけとなるのです。相続は貰えば終わりではなく、様々なお金や問題が発生するのが常です。

まず、すぐに思いつくのが相続税です。それに不動産の相続の場合は、固定資産税がのちに負担となります。兄弟間での相続では、同居していた子供のために遺言書を残しておこうという方もいるでしょうが実は遺留分が存在するので、全ての資産を兄弟の中の一人が全て受け取ることはできないのです。

さらに、最近のニュースでも話題となりましたが非嫡出子の兄弟にも均等に受け取る権利があるため思いがけず不動産売却の必要に迫られることもあるのです。

不動産売却の流れ

不動産は私たちの大切な資産です。しかし、いざ売ろうと思ったとき知識がないことによって、様々な問題に直面されることも多いことでしょう。ここでは、簡単に不動産売却の流れを説明致します。

ステップ1:周辺の相場をリサーチして、自分の不動産の資産価値をしっかり自分で把握し、売却目安を立てることから始めます。

ステップ2:信頼できる不動産会社を探します。購入希望者との交渉もお任せすることになりますので、信頼関係がとても大切になります。

ステップ3:実際にプロの目で査定をしてもらいます。この際に、複数の不動産会社を一括で比較できる売却査定サイトなどを利用すると簡単です。

ステップ4:ここで、不動産会社へ仲介の依頼と契約になります。売却方法は複数あるので、しっかりと話し合い納得のいく方法を選びましょう。

ステップ5:いよいよ売り出しです。ここでの売り出し価格は後の売却に大きく影響しますので、今までのリサーチやプロのアドバイスを受けながら慎重に決めます。

ステップ6:購入希望者が出たら、次に売却交渉です。自分自身の譲れない条件と妥協できる点を明確にしておきましょう。

ステップ7:売買契約前に、物件の不具合や欠陥がある場合は正確に購入希望者に伝えることや、不動産会社の物件調査には協力することを大切にしましょう。ここでの誠実な対応が、後のトラブル回避となります。

ステップ8:売却条件の合意をもって、売買契約となります。ここで、手付金(一般的に物件価格の10~20%)受け取ります。大事な資産の売却になるのでしっかりと契約内容を確認しましょう。

ステップ9:契約が無事に終わったら、引き渡して続きです。売買代金の受領と不動産の登記申請を行います。買主と現地立ち会いなどを行い、最後の確認をします。

ステップ10:引き渡し終了後、税務申告などがあります。しっかり調べて漏れのないように気をつけましょう。

以上が、一通りの不動産売却の流れになります。